趣味に生きたい競馬ブログ(フランス競馬etc...)

馬券だけではなく、競馬の歴史、海外の競馬もまとめます。ちなみに乃木坂46も好きなので、競馬も乃木坂も好きな人はぜひコメントお願いします。

【気になるレース】若駒ステークス

土曜日は重賞もないですし、レース数も絞りたいのでこのレースくらいですかね。

若駒ステークスは過去にはトウカイテイオーディープインパクトなど名馬が誕生しているレースです。ディープインパクトのレースは今見ても笑ってしまうような強さでしたが、気になる方は動画探してみてください。

 

予想ですが

本命◎ヴェロックス。これは軸としては間違いないでしょう。切る要素もありません。前走の東スポ杯2歳ステークスは直線でナイママにぶつけられる大きな不利がありながらもタイム差無しの4着。この馬が最も強いレースをしたと見ている人も少なくないと思います。ルメール騎手がサトノウィザードを選んだのか、あちらが先約だったのか事情はわかりませんが、川田騎手であれば問題ないでしょう。

対抗〇ロードマイウェイ。これはかなり人気薄になると思いますが、以前500万下で本命にしたときに書いたと思いますがメイショウテンゲンを負かした未勝利戦を評価していますし、前走の500万下では4着だったものの1000m通過が59.6とこの時期の500万条件にしては厳しい流れを逃げてのもの。他の上位馬が軒並み中団以降から差してきている中で、この馬だけが先行馬で残っています。今回は頭数も少ないですし、無理なくいい位置で折り合えば十分馬券圏内。

単穴▲キングリスティア。新馬戦はかなり強い勝ち方。前走ホープフルステークスは2戦目ながらも穴人気しました。しかし、結果は出遅れてその時点で競馬終了というもの。それでも上がり最速を使って最後そこそこ来ていました。今回は岩田騎手に鞍上超絶強化ということで勝負気配です。

△サトノウィザード

サトノウィザードは池江厩舎でルメール騎手が乗るということで期待馬なのでしょうが、いかんせん実力の裏付けに乏しく、新馬戦で負かしたカントルは500万下で3着。展開不向きだったロードマイウェイは交わしていますが、、、そこまでの強さは感じませんでした。サトノウィザードは強い可能性ももちろん十分あるわけですが、今までこのブログを見ている方はわかるように、こういう過剰人気と思える馬の評価は私は下げる傾向にあります。

 

馬券はヴェロックスが連を外さないだろうという想定のもと1着付け3連単6点、2着付け3連単6点。これでいいでしょう。直前で切ったリオンリオンあたりが来たら泣きます笑。

【結果】月曜重賞編(京成杯)

京成杯の回顧です。

 

勝ったのはラストドラフト、2着にランフォザローゼス、本命◎シークレットランは4着でした。フェアリーステークス日経新春杯よりもこっちの本命の方が自信あったのですが、自信のある方だけ来ないというあるあるでした。

ラストドラフトはパドックを見ても素晴らしく、印としては▲でしたがこれは強いですね。現時点ではクラシックではサートゥルナーリアが有力視されていますが、そこに挑める素材だと思います。

ランフォザローゼスに関しては、現時点ではこのクラスで突き抜けるような脚は持っていない印象ですが、良血馬ですからこれからの成長次第でもっと走ってきそうです。

シークレットランに関しては内田騎手が上でドタバタしすぎて邪魔になっている印象笑。昨日の記事でも書いたように不安要素は鞍上でした。ここで4着になったので次走はおそらく多少人気を落とすでしょうから狙い目です。あわよくば乗り替わってくれるとさらによし、といったところ。パドックを見てもやはり良い馬でしたが、今回は気持ち太め残りといった感じでしょうか。それでも成長分もあると思うのでますますこの馬は強くなりそうです。新馬戦から+14、+10ときて今回も+10ですので、なかなかここまでの成長曲線を描く馬も少ないと思います。次走どのトライアルに向かうのかわかりませんが、そこで注目の1頭です。

それ以外だとナイママはこれを見ると現状力不足ということでしょう。カイザースクルーンに関しては溜めてもいいところのない馬であの位置取り、石川騎手は結構こういうことがある騎手なので買い時が難しい騎手の一人です。

 

フェアリーステークス日経新春杯とカタイ決着だったのでここは荒れてくれるかな?と思い点数を増やしてしまいましたね。フェアリーステークスの勝ち分もここでなくなってしまいましたorz。今週は白梅賞と新春ステークスが余計でしたかね笑。

また来週からもレースを絞って買っていきたいと思います。

生田絵梨花さんの2nd写真集「インターセッション」

【予想】月曜重賞編(京成杯)

今週は三日間開催ということで月曜日も競馬があります。成人の日?ですかね。

 

それでは京成杯の予想です。

本命◎シークレットラン。この馬は葉牡丹賞でも本命にして単勝を取りましたが、改めて葉牡丹賞パドック、レースを見直したところちょっと物が違うかもしれません。パドックに関してはあくまでも私素人の感覚的なところが大きいですが、レースは直線で加速したところで内田騎手の左ムチで寄れ、3着になったサトノラディウスと接触して減速しています。それから立て直し、再加速して0.2差でレコード勝ちというパフォーマンス。真っ直ぐ走らせられていればもっと差をつけていたと思います。それだけに鞍上の内田騎手が少々不安ではあるものの、今回のメンバーであれば普通に走ってくれさえすれば勝てるという判断です。

対抗〇ナイママ。前走東スポ杯2歳ステークスでは重い印を打って期待を裏切られましたが、やはり札幌での2戦のパフォーマンスがなかなかで、中山に変わる今回はまだ見限れません。ここでダメだった場合は今後厳しいかなという感じです。最近の柴田大知騎手にはガッカリさせられることが多いですがここは頑張ってほしいです。

単穴▲ラストドラフト。基本的に新馬戦を勝ってきた人気馬は過剰人気として切りたくはなるのですが、この馬の場合は新馬戦のメンバーも骨っぽく、タイムも悪くはないため切れませんでした、買いますが欲を言えば飛んでくれるとうれしい1頭です。

△カイザースクルーン、クリスタルバローズ、ランフォザローゼス、カテドラル、ダノンラスター。

大穴候補としてはクリスタルバローズ。札幌2歳ステークスで5着のアフランシールとは確かに差のある6着なのですが、単勝万馬券のこの人気であれば相手に入れてもいいかなという感じです。

 

買い方はシークレットランの頭固定の3連単です。

本音を言うと相手はもう1頭くらいは切りたいので、実際馬券を買う際にはどれか切るかもしれません。なかなか相手選びの難しい一戦ですね。

生田絵梨花さんの2nd写真集「インターセッション」

【結果】日曜重賞編(日経新春杯)【新春ステークスも】

日曜日の予想レースを振り返っていきます。

 

まず京都10Rの新春ステークスは本命◎ライラックカラーが4着、対抗〇ロライマが2着。人気の無かったヴェネトが勝ちました。ライラックカラーが勝つか、最低でも2着という買い方をしていたのでどうあがいても外れでしたね。福永騎手はなんだかんだ良く買う騎手なのですが、今回はそこまで荒れないと考えていたのでやられました笑。ちょっと酷い予想になってしまいました。

 

メインの日経新春杯は一応3連複が当たりました。本命◎グローリーヴェイズが1着、対抗〇ルックトゥワイスが2着、3着に△シュペルミエールが来ました。欲を言うとクビ差4着のノーブルマースが3着であれば万馬券でしたが、、、なかなか都合よくはいきません。

 

とりあえず買い目を抑え気味にしたので昨日のプラスはまずまずキープという感じで3日間開催の2日目を終えることができました。今年は私、慎重派です笑。

明日の重賞は京成杯皐月賞と同じ舞台ですので春に向けて面白いレースになればいいなと思います。

その他には現時点ではあまり惹かれるレースがないのですが、京成杯以外に面白そうなレースがあれば予想を書いてみます。

 

 

生田絵梨花さんの2nd写真集「インターセッション」

【気になるレース】新春ステークス(1600万下)

明日の気になるレースは新春ステークスです。

 

本命◎ライラックカラー。この馬は新馬戦のパドックを見てこれは走るなーと思った記憶があります。関西への遠征も勝負気配を感じます。オッズもなんだかんだ10倍近くに落ち着きそうでここは狙い目でしょう。

対抗〇ロライマ。ミルレーサーから広がる大牝系に位置するこの馬、今の京都の馬場も合う印象。準オープンでも成績が安定しており、前走この馬よりも下の着順であったサンラモンバレーやミリッサが人気であるなら美味しいオッズであると言えます。

対抗▲サンラモンバレー。長く休んでいたが復帰2戦目で1000万下を勝利。その時負かしたロシュフォールはその次に1000万下を快勝。前走は馬券圏内を外したものの今回は最内で脚を上手く溜められれば勝ち負けまで。

△ドゥーカ。

ドゥーカはロライマとほぼ互角の力を見せていて、ロライマに重い印を打つのであれば買い目には入れざるを得ません。

 

買い目は絞りました。

3連単で◎→〇→▲△、◎→▲△→〇の4点。

押さえの意味も込めて◎-〇▲△の馬連も買います。それから◎単勝も少々。

生田絵梨花さんの2nd写真集「インターセッション」、初版20万部刷ったということでこれは凄い売り上げを記録しそうです。まだ乃木坂46知らないよという方もこの子は逸材中の逸材。「生田絵梨花」をYouTubeで検索でもしてみるといい動画がたくさん見られると思うので騙されたと思ってぜひこれを機に彼女を知ってみてください。

【予想】日曜重賞編(日経新春杯)

日曜日は日経新春杯です。ハンデ戦のGⅡですが、その割に荒れるイメージはあまりないレースですね。それとやはり斤量面で恵まれる傾向にある明け4歳がいいイメージもあります。

 

予想です。

本命◎グローリーヴェイズ。この馬は菊花賞でも結構上位に評価していた馬で、5着に入りました。それにもかかわらず今回は斤量55kgと恵まれた印象。3歳の夏にあっさりと準OPを突破するのはなかなか大変なことで、この馬の能力を物語っています。おそらく1番人気か2番人気になりそうですが、軸としては最適な馬だと思います。ここを勝って春には大きいところを狙って欲しいですね。

対抗〇ルックトゥワイス。前々走のアルゼンチン共和国杯は明らかに届かない位置で競馬をしてしまったので度外視していいでしょう。前走のグレイトフルステークスを圧勝してここの望みます。ムイトオブリガードと同じようなレースを使ってきていて比較可能ですが、今回の斤量1kg差を考慮に入れるとほぼ力は同等と考えてよく、今の多少力の要る京都に変われば逆転可能と考えました。

単穴▲ムイトオブリガード。ルックトゥワイスを評価するのであれば評価せざるを得ない馬です。ここでも普通に走れれば上位争いか。

△アフリカンゴールド、シュペルミエール、サラス、ウインテンダネス、ノーブルマーズ、メイショウテッコン。

アフリカンゴールドの52kgは恵まれた印象。シュペルミエールは出来たらアラ探しして切ろうと思ったものの無理でした笑。ウインテンダネスは近走変な競馬が続いているのでまともに走れれば。ノーブルマーズは近2走は変なレースになったアルゼンチン共和国杯とさすがにレベルの違うジャパンカップ。まともに走ればここでも普通に勝ち負け。

馬券は◎〇2頭軸の3連複の7点。あまり配当が付かなそうですが点数絞ってこれでいきます。

生田絵梨花さんの2nd写真集「インターセッション」、初版20万部刷ったということでこれは凄い売り上げを記録しそうです。まだ乃木坂46知らないよという方もこの子は逸材中の逸材。「生田絵梨花」をYouTubeで検索でもしてみるといい動画がたくさん見られると思うので騙されたと思ってぜひこれを機に彼女を知ってみてください。

【結果】土曜重賞編(フェアリーステークス)【白梅賞も少し】

今日のレースの回顧です。

 

まず白梅賞ですが

本命◎エメラルファイトが1着、対抗〇マイネルウィルトスが2着と一見いい予想のように見えるのですが、3着のミッキースピリットを完全に無視してしまったので馬連しか取れずにトリガミorz

つくづく馬券のセンスが無いなと実感しました笑。

ミッキースピリットは過剰人気だろうと思っていたものの前にいってあれだけ粘れていればなかなかのもの。レース後の北村友一騎手のコメントを見ると距離は短い方がいいのかもしれません。

エメラルファイトはここでしっかり賞金を加算できたのは大きいと思います。クラシック路線かマイル路線かわかりませんが次に重賞に出走してもいい勝負できるでしょう。

マイネルウィルトスは3回連続の2着。堅実ですがもう少しという感じですね。マイネル軍団全般に言えることですが、騎手を変えてみる気はないのでしょうかね(丹内騎手の悪口ではありません)。

 

次にフェアリーステークスです。

こちらはうれしいことに3連複当たりましたね。断然人気だったアクアミラビリスが馬券外になったので配当もそこそこ人気サイドで決まったにもかかわらず思ったよりはつきました。本命◎のフィリアプーラが1着、対抗〇グレイスアンが3着、基本的には嫌いたいが2勝馬なので、、、と相手に入れたホウオウカトリーヌが2着という結果です。こちらのレースこそ3連単で勝っていればもっとつきましたが、、、そんなに簡単ではないですね笑。

 

今日のプラスを明日、明後日でなくしてしまわないようにレース絞っていい配当の馬券を狙っていきます。また予想記事書きますね。明日は日経新春杯

生田絵梨花さんの2nd写真集「インターセッション」、初版20万部刷ったということでこれは凄い売り上げを記録しそうです。まだ乃木坂46知らないよという方もこの子は逸材中の逸材。「生田絵梨花」をYouTubeで検索でもしてみるといい動画がたくさん見られると思うので騙されたと思ってぜひこれを機に彼女を知ってみてください。