趣味に生きたい競馬ブログ(フランス競馬etc...)

馬券だけではなく、競馬の歴史、海外の競馬もまとめます。ちなみに乃木坂46も好きなので、競馬も乃木坂も好きな人はぜひコメントお願いします。

【特別登録馬】京都2歳ステークス(GⅢ)

2018年11月24日(土)京都競馬場京都2歳ステークス(GⅢ)がおこなわれます。特別登録馬は以下の通りです。

 

馬名 性齢 負担重量 騎手 厩舎
クラージュゲリエ 牡2 55 モレイラ 池江
ショウリュウイクゾ 牡2 55 浜中 佐々木
スズカカナロア 牡2 55 ○○ 橋田
イカヤマノ 牡2 55 ○○ 南田
ブレイキングドーン 牡2 55 福永 中竹
ペルソナデザイン 牡2 55 池添 大竹
ミッキーブラック 牡2 55 Cデムー 音無
ミヤケ 牡2 55 ○○ 村山
ヤマカツシシマル 牡2 55 松山
ラヴズオンリーユー 牝2 54 ○○ 矢作
ワールドプレミア 牡2 55 武豊 友道

 

人気は予測しづらいですが、札幌2歳ステークス3着でモレイラ騎手のクラージュゲリエ、前走萩ステークスで直前に除外になったブレイキングドーン、2連勝のミッキーブラック、新馬戦勝ちからの良血ラヴズオンリーユー、ワールドプレミアといったところが人気を分け合いそうな感じです。

予想は枠順が決まってから書きますが、一応の見通しを立てますと、東スポ杯2歳ステークスでの「札幌2歳ステークスはハイレベルだった」という仮説がある程度間違ってはいないようだったので、クラージュゲリエはそれなりに走ってきそうですね。モレイラ騎手ですし、中心視してもいいと思います。

2連勝のミッキーブラックですが、前走芙蓉ステークスの2着馬のボスジラが百日草特別(500万下)で2着と判断の難しい成績をその後残しています。新馬戦が福島、芙蓉ステークスが中山と京都での適性が測りづらいコースで走ってきていますし、人気もしそうなのでヒモまでというところでしょうか。

順調さに疑問符が付きますが、ブレイキングドーンの方が上に取れるでしょう。萩ステークスは除外となってしまい走らなかったので参考にできませんが、新馬戦で2着に負かしたアドマイヤジャスタが未勝利、紫菊賞(500万下)と連勝しています。紫菊賞で5着だったミヤケが今回出走しているので、少なくともミヤケとの比較では圧倒的に優位であると言えます。

この他に新馬勝ちからの参戦はショウリュウイクゾ、ラヴズオンリーユー、ワールドプレミアがいます。時計面から見るのであればワールドプレミアが信頼度で言えば上でしょうか。ただかなり人気しそうなので、その辺で旨みはなさそう。それからショウリュウイクゾがこの中では人気にならなそうですが、母はショウリュウムーンといういい切れ味を発揮した重賞ウィナーなので血統的には悪くありません。ショウリュウムーンも京都で重賞を勝っています(京都牝馬ステークス)。ラヴズオンリーユーも血統で言えばリアルスティールの全兄弟なので少なくとも複数は勝ち星を挙げそうです。この3頭は要注意です。

まだ予想の段階でもないのに結構書いてしまいました笑。枠順が決まったら予想もあわせて書こうと思います。

【特別登録馬】ジャパンカップ(GⅠ)

2018年11月25日(日)東京競馬場ジャパンカップ(GⅠ)がおこなわれます。特別登録馬は以下の通りです。

馬名 性齢 負担重量 騎手 厩舎
アーモンドアイ 牝3 53 ルメール 国枝
ウインテンダネス 牡5 57 内田 杉山
カプリ 牡4 57 ムーア オブライエ
ガンコ 牡5 57 蛯名 松元
キセキ 牡4 57 川田 中竹
サウンズオブアース 牡7 57 田辺 藤岡
サトノクラウン 牡6 57 ○○
サトノダイヤモンド 牡5 57 モレイラ 池江
サンダリングブルー セ5 57 ○○ ムニュイジ
シュヴァルグラン 牡6 57 デムーロ 友道
スワーヴリチャード 牡4 57 デムーロ 庄野
ノーブルマー 牡5 57 高倉 宮本
ハッピーグリン 牡3 55 服部茂 田中淳
マカヒキ 牡5 57 武豊 友道
ミッキースワロー 牡4 57 横山典 菊沢
ミッキーロケット 牡5 57 ○○ 音無

1番人気になり、最大の注目の的になるのはアーモンドアイということになるでしょう。牝馬三冠を成し遂げたアーモンドアイが古馬の一線級を相手にどういう競馬をするのか注目が集まります。

caesarion.hatenadiary.com

アーモンドアイについての見解はこの記事で書いたので見てみてください。

2番人気は天皇賞秋でよもやの惨敗を喫したスワーヴリチャードか、京都大賞典で復活の兆しを見せたサトノダイヤモンドというところでしょうか。サトノダイヤモンドはしっかり本調子に戻ればかなり強いと思うのですが、どの程度まで力が戻っているのかの見極めが必要でしょう。スワーヴリチャードは前走デムーロ騎手が早めに競馬をやめているので肉体的なダメージは少なかったと思います。あとは精神的なダメージさえなければ距離も適距離ですし、上位争いも可能かと思います。

天皇賞秋で3着と好走し、完全に復調気配の去年の菊花賞馬キセキは2Fの距離延長が本来的にはいいはずなのですが、前走逃げたことがどう出るかという点に興味があります。戦法としても今回も逃げるのか、控えるのか難しい選択を強いられそうです。東京の2400mで逃げるのはなかなか至難の業でしょう。

去年の覇者であるシュヴァルグラン京都大賞典4着からの参戦です。あくまでも前走は前哨戦でしたがそれにしても不甲斐ない競馬でしたので、衰えがないか多少心配ではありますが、前年の優勝馬ということでそれなりに人気を集めるでしょう。

今年は海外からカプリとサンダリングブルーの2頭が参戦します。カプリは凱旋門賞にも参戦しているので日本の競馬ファンでご存知の方も多いと思います。昨年のアイルランドダービーとイギリスセントレジャーを制している馬です。サンダリングブルーはGⅠこそ制していませんが、イギリスのインターナショナルステークスで今年のヨーロッパ年度代表馬のロアリングライオン、強豪ポエッツワードのに次ぐ3着となっています。この時の4着がディープインパクト産駒のサクソンウォリアーでした。前走はカナダのインターナショナルステークスというGⅠで2着に入っており、ここのところ急激に力をつけてきているようです。おそらくサンダリングブルーの方が人気にはならないと思いますが、この成績を見るとヒモにはいれておいた方がいいと思います。

これ以外で穴っぽいところはミッキースワローですかね。以前からGⅠ級の能力があるという評価もあった馬ですが、前走札幌記念で惨敗しました。トーセンホマレボシ産駒ということで父の成績を考えれば東京2400mはいい舞台でしょう。横山典騎手は人気馬に乗ったときはアテにできませんが、人気のない馬であればヒモに入れておいていいかもしれません。どちらにせよ思い切った競馬をしてほしいですね。マイルチャンピオンシップロードクエストの騎乗にはガッカリです。

基本的にはアーモンドアイが勝つと思っているので、複勝圏内に来る穴馬を探していきたいですね。また枠番が決まったら記事にしますね。

 

【結果】日曜重賞編(マイルチャンピオンシップ)

日曜重賞(マイルチャンピオンシップ)の反省会です。

勝ったのは3歳馬ステルヴィオでした。ビュイック騎手の最内枠を活かした好騎乗でしたね。ゲートを出たまますんなりと中団で折り合い、内でロスなく脚をためて直線では内を抜けてくるという完璧な騎乗でした。最内が悪い方に出ると考えていたのですが、ビュイック騎手には脱帽です。

2着はミルコ・デムーロ騎手のペルシアンナイト。こちらも内枠である2番で、道中ステルヴィオの後ろに位置して、内でしっかり脚をため、直線は内をついて来ました。こちらもほぼ完璧なレース運びだったように思いますが、レースを見直すと直線でデムーロ騎手がかなり追い出しを待っていた感じでした。気持ち追い出しが遅れましたかね。最後はステルヴィオと僅かな差だったので、デムーロ騎手も残念でしょう。この秋はなかなかデムーロ騎手はGⅠに手が届きませんね。

3着は川田騎手のアルアイン。こちらもいい騎乗だったと思いますが、アエロリットなどの先行馬が予想外に早く垂れてしまったのが誤算だったかもしれません。早めに先頭に立ってしまったので踏ん張りきることができなかった印象です。

私の馬券はというと本命モズアスコットと対抗アルアインの2頭軸3連単マルチでいったのですが、まさかのモズアスコットが来ないという、、、4コーナーで確かに不利はありましたが、レース前の発汗を見ると調整不足なのか、はたまた気性面でまだ課題があるかといった感じです。調教の感じを見てもデキ落ちには見えなかったので残念です。

それにしてもロードカナロア産駒は初年度からすごい活躍ですね。血統的にサンデー系の牝馬につけ放題っていうのはやはり大きなアドバンテージなようです。そして当然ロードカナロアのスピードも良いほうに出ていますね。ロードカナロア自身もそうだったように、スピードがあるにも関わらず操縦性の高いという点が遺伝してますね。来週も産駒のアーモンドアイがジャパンカップでどのような競馬をするのか楽しみですね。一部では距離がどうかという声もあるようですが、そちらも踏まえて面白いレースになりそうです。勝ったら年度代表馬はほぼ確定といった感じでしょう。

そして来週こそは私もそろそろ当てたい、、、ということでまた記事書きますねー

 

【予想】日曜重賞編(マイルチャンピオンシップ)

2018年11月18日(日)はマイルチャンピオンシップ京都競馬場でおこなわれます。その予想を書いていこうと思います。

まず展開予想ですが、レーヌミノルが強引にでも行くのか、控えるのかムズカシイところです。レーヌミノルが行くのであればアエロリットは是が非でも行こうというタイプではないと思うので番手に控え、レーヌミノルが行かないのであれば先手を主張していく気がします。その他に先行タイプはロジクライアルアインといったところでしょうか。激しい先手の奪い合いはなさそうですが、スローにはならない気がします。アエロリットはスロー逃げというタイプではないので、レーヌミノルがハナを奪ってもスローに落とさせないでしょうし。ミドルからハイペースという感じでしょうか。

本命◎は1番人気ですがモズアスコットにします。もっと人気すると思いましたが、現時点(11月17日午後11時)で単勝オッズが3倍以上つきます。前走は安田記念以来、58kgというハンデを背負っての競馬で断然の人気を背負いましたが、最後ロードクエストに差されてしまいました。ただ休み明けのトップハンデということを考えればまずまず順調な前哨戦と言っていいと思います。あのロードカナロアでも前哨戦は負けたりしていました。今回はミドルペースを中団追走で差し切りというイメージでいいでしょう。

対抗〇はアルアインにします。前走の天皇賞でも対抗にしました。今回は今シーズン3戦目でメイチでしょう。調教もかなりよく見えました。アエロリットやレーヌミノルがそれなりのペースで行くところを中団の前目を追走というイメージ。タフなレース展開になれば皐月賞のレースぶりからも前進が見込めます。父ディープインパクト、母ドバイマジェスティを考慮すればマイルは絶好の舞台だと思います。

単穴▲はアエロリットにします。これはもしかしたら対抗もしくは本命まで格上げもありえます。ちょうど今調教を見直したら凄まじいですね。基本的に人気先行かなと思っていたのですが、これは本格期に入った感じもあります。

相手△は、ステルヴィオペルシアンナイト、ジュールポレールロジクライエアスピネルロードクエスト、ケイアイノーテックまでです。本音を言うとレーヌミノルまで抑えておきたいと思っていたのですが、和田騎手から四位騎手への乗り替わりはマイナスでしょう。

買い方はいつも通りいけば本命対抗2頭軸の3連単マルチですかね。あとはパドックで判断というところでしょうか。

ここは当てれば配当は大きそうな、人気の割れたレースなので、当てたいですね。

【結果】土曜重賞編(東京スポーツ杯2歳ステークス)

今日は東京スポーツ杯2歳ステークスがありました。

 

着順 枠番 馬番 馬名 性齢 負担重量 騎手 タイム 着差 後3F
1 1 2 ニシノデイジー 牡2 55.0 勝浦 1:46.6   33.9
2 2 4 アガラス 牡2 55.0 ビュイック 1:46.6 ハナ 33.7
3 3 5 ヴァンドギャルド 牡2 55.0 デムーロ 1:46.6 アタマ 33.9
4 4 7 ヴェロックス 牡2 55.0 ルメール 1:46.6 ハナ 34.1
5 5 9 ダノンラスター 牡2 55.0 モレイラ 1:46.9 1.3/4 33.9
6 6 12 ホウオウサーベル 牡2 55.0 デムーロ 1:47.1 1.1/4 34.1
7 5 10 クリノガウディー 牡2 55.0 戸崎圭 1:47.1 クビ 35.0
8 7 14 アドマイヤスコール 牡2 55.0 田辺 1:47.2 1/2 34.4
9 8 15 ルヴォルグ 牡2 55.0 ムーア 1:47.3 3/4 34.1
10 1 1 ハクサンタイヨウ 牡2 55.0 松岡 1:47.5 1.1/4 35.2
11 2 3 カテドラル 牡2 55.0 福永 1:47.5 クビ 35.1
12 3 6 トーラスジェミニ 牡2 55.0 木幡育 1:47.6 3/4 35.6
13 6 11 □地ナイママ 牡2 55.0 柴田大 1:47.8 1.1/4 35.6
14 4 8 トーセンギムレット 牡2 55.0 三浦 1:47.8 ハナ 35.0
15 8 16 ゴータイミング 牡2 55.0 武豊 1:48.2 2.1/2 36.0
16 7 13 メイスンハナフブキ 牝2 54.0 石川 1:51.0 38.4

 

勝ったのは札幌2歳ステークスの勝ち馬であるニシノデイジー、2着はアガラス、3着はヴァンドギャルドでした。

昨日の予想記事では札幌2歳ステークスのレースレベルがなかなかだったのではないかと書きました。その分析はある程度間違っていなかったようなのですが、肝心のナイママが来ませんでしたorz

昨日の記事のコメント欄に書きましたが、直前にパドックを見て本命をナイママに変えたのですが、ニシノデイジーとアガラスというナイママと同レベルのレースをした馬が来ているのに、ナイママが来ないとは(驚愕)という感じでした笑

ここのところこんな感じが続いています笑。勝ち馬はしぶとい末脚で東京も悪くない感じでしたね。冠名であまり人気がしていないのかもしれませんが、札幌2歳と東スポ杯は名馬への登竜門ともいえるレースなので、今後が楽しみです。

それから4着になったヴェロックスはナイママに寄られて不利がありつつの僅差の4着なので、こちらも次走はかなり期待していいと思います。ただ最近はみんな情報をしっかり取れるのでオッズ的に美味しくはならないと思いますが。同じ理由でアドマイヤスコールも狙えると思います。

明日はマイルチャンピオンシップ(GⅠ)があるので、今度こそキッチリ馬券を取りたいと思います。予想も後であげますねー。

【予想】土曜重賞編(東京スポーツ杯2歳ステークス)

2018年11月17日(土)東京競馬場東京スポーツ杯2歳ステークスがおこなわれます。枠順確定しました。

枠番 馬番 馬名 性齢 負担重量 騎手 厩舎
1 1 ハクサンタイヨウ 牡2 55 松岡 浅野
1 2 ニシノデイジー 牡2 55 勝浦 高木
2 3 カテドラル 牡2 55 福永 池添学
2 4 アガラス 牡2 55 ビュイック 古賀慎
3 5 ヴァンドギャルド 牡2 55 デムーロ 藤原英
3 6 トーラスジェミニ 牡2 55 木幡育 小桧山
4 7 ヴェロックス 牡2 55 ルメール 中内田
4 8 トーセンギムレット 牡2 55 三浦 萱野
5 9 ダノンラスター 牡2 55 モレイラ
5 10 クリノガウディー 牡2 55 戸崎圭 藤沢則
6 11 ナイママ 牡2 55 柴田大 河津裕
6 12 ホウオウサーベル 牡2 55 デムーロ 奥村武
7 13 メイスンハナフブキ 牝2 54 石川 小島
7 14 アドマイヤスコール 牡2 55 田辺 加藤征
8 15 ルヴォルグ 牡2 55 ムーア 藤沢和
8 16 ゴータイミング 牡2 55 武豊 松永幹

枠としては基本的にやはり内枠が有利と考えていいと思います。人気どころはルヴォルグが8枠15番、ヴェロックスが4枠7番、カテドラルが2枠3番です。

特別登録馬の記事の段階ではカテドラルを本命視していました。これは悪くないと思うんですよね、枠も内目ですんなり先行できそうな感じです。おそらくレースはトーラスジェミニが引っ張るんじゃないかと思っているので(そんなことない、こっちが行く!って情報ある方は教えてください<(_ _)>)。

それから今考えていることとしては、札幌2歳ステークスがなかなかレベルの高いレースだったのではないかということです。函館2歳ステークスの上位馬の次走を見てみると、アスターペガサス(京王杯2歳ステークス5着)、カルリーノ(同3着)、そしてラブミーファインが札幌2歳ステークスを8着したあとに前走ファンタジーステークスで4着に入っています。ラブミーファインを物差しにすると函館2歳ステークスよりも札幌2歳ステークスの方がレベルが高く(確かに距離は違いますが)、函館2歳ステークスの上位馬が他の重賞レースでそれなりに走っていることを考えれば、札幌2歳ステークスはまずまずのレベルのレースだったと考えても良さそうです。

となるとカテドラルを本命とした時点で、ヴェロックスを軽視することは難しくなるので、カテドラル、ヴェロックス、ニシノデイジー、ナイママ、この辺を中心視していこうと思います。

特にナイママはオッズ的にはかなりつくと思うので、面白いと思います。前走は札幌2歳ステークスで2着ですが、五十嵐騎手のすさまじいまでの早仕掛けでかなりのスタミナを見せつけたレースでした。私としてはこの馬の軽い走りを見ていて、洋芝よりも中央の野芝の方がいい走りができるのではないかと考えていました。

この4頭以外だと、クリノガウディー、ホウオウサーベルあたりも人気ない割には新馬戦でいいレースをしています。特にクリノガウディーは前走かなり余裕のある勝利で、森騎手から戸崎騎手への乗り替わり、一応鞍上強化と捉えていいでしょう。

人気どころではルヴォルグはさすがに切るわけにはいきません。ヴァンドギャルド、ダノンラスターあたりはオッズ的には過剰人気になると思うので、基本的には軽視ですが、外国人騎手というだけで買い要素になってしまうんですよね。抑えてはおくべきか。

一応印を挙げておくと

◎カテドラル

 思ったよりもルヴォルグとヴェロックスが人気を吸ってくれていないかもしれませんが、2頭よりは上位に取って本命です。

〇ナイママ

 この馬はマイネル軍団岡田総帥の馬で、過去にもプレイアンドリアルという馬もここで好走しています。まだ洋芝でしか走っていないのでなんとも言えませんが、見たところ野芝の方が合うという見立てです。オープン2戦で連を外していないのは立派ですし、この人気であればかなり買いだと思います。パドック次第で◎に格上げしても、、、と思っています。先週ダノンジャスティスで痛い目を見ましたが笑。

▲ニシノデイジー

 本来はナイママより上に取ってもいいのですが、意外に人気してしまいそうなのでこの印にしました。札幌2歳ステークスのレベルが高いとすれば上位に来てもおかしくないでしょう。

▲(もう一頭)ヴェロックス

 人気的には来てほしくないのですが、カテドラルといい勝負をしているので△に評価は下げられませんでした。頭まであってもおかしくない感じです。

△ルヴォルグ、クリノガウディー、ホウオウサーベル、ヴァンドギャルド、ダノンラスター、アガラスとここまででしょうかね。アガラスはナイママと僅差の競馬をしているといことで拾います。ただここまで手広くいくと点数も多くなってしまいますが、、、

一応馬券の買い目は◎〇の2頭軸3連単マルチで相手8頭の48点という感じでしょうか。本当はもう少し絞りたいので、パドックで消せる馬がいたら消したいです。もしくは上の4頭にルヴォルグとアガラスを入れて、他の新馬勝ち上がり組は思いきって切るという買い方もありかと思います。

なかなか悩ましいレースですが、とりあえずこんなところで。

【枠順確定】マイルチャンピオンシップ(GⅠ)

2018年11月18日(日)京都競馬場マイルチャンピオンシップ(GⅠ)がおこなわれます。枠順は以下の通りです。

枠番 馬番 馬名 性齢 負担重量 騎手 厩舎
1 1 ステルヴィオ 牡3 56 ビュイック 木村
1 2 ペルシアンナイト 牡4 57 デムーロ 池江
2 3 アルアイン 牡4 57 川田 池江
2 4 ブラックムーン 牡6 57 浜中 西浦
3 5 ヒーズインラブ 牡5 57 藤岡康 藤岡
3 6 ジュールポレール 牝5 55 石川 西園
4 7 ロジクライ 牡5 57 デムーロ 須貝
4 8 モズアスコット 牡4 57 ルメール 矢作
5 9 ウインブライト 牡4 57 松岡 畠山
5 10 ミッキーグローリー 牡5 57 戸崎圭 国枝
6 11 ジャンダルム 牡3 56 武豊 池江
6 12 レーヌミノル 牝4 55 四位 本田
7 13 レッドアヴァンセ 牝5 55 北村友 音無
7 14 エアスピネル 牡5 57 福永 笹田
7 15 アエロリット 牝4 55 ムーア 菊沢
8 16 カツジ 牡3 56 松山 池添兼
8 17 ロードクエスト 牡5 57 横山典 小島
8 18 ケイアイノーテック 牡3 56 藤岡佑 平田

ぱっと見はアルアインいい枠入ったなーという印象です。狙いたいなと考えているジュールポレールもまずまずな枠に入りました。人気どころだとモズアスコットは4枠8番、ペルシアンナイトは1枠2番、エアスピネルは7枠14番、アエロリットが7枠15番です。

これは正直メンバー的に3着以内だったら来そうな馬がかなりいますね(というかほとんどかもしれません)。

配当妙味で言えば、アルアイン、ジュールポレール、ケイアイノーテックあたりが美味しいオッズになりそうな気がしますが、5人いる外国人騎手の馬も買わないわけにはいかないでしょうね。今回は馬券の買い方が非常に難しい一戦になりそうですね。

今週も先週に引き続き、土曜重賞、日曜重賞の予想もアップできたらと思っているので、ぜひ当ブログのチェックお願いしますね!