趣味に生きたい競馬ブログ(フランス競馬etc...)

馬券だけではなく、競馬の歴史、海外の競馬もまとめます。ちなみに乃木坂46も好きなので、競馬も乃木坂も好きな人はぜひコメントお願いします。

【予想】月曜重賞編(京成杯)

今週は三日間開催ということで月曜日も競馬があります。成人の日?ですかね。

 

それでは京成杯の予想です。

本命◎シークレットラン。この馬は葉牡丹賞でも本命にして単勝を取りましたが、改めて葉牡丹賞パドック、レースを見直したところちょっと物が違うかもしれません。パドックに関してはあくまでも私素人の感覚的なところが大きいですが、レースは直線で加速したところで内田騎手の左ムチで寄れ、3着になったサトノラディウスと接触して減速しています。それから立て直し、再加速して0.2差でレコード勝ちというパフォーマンス。真っ直ぐ走らせられていればもっと差をつけていたと思います。それだけに鞍上の内田騎手が少々不安ではあるものの、今回のメンバーであれば普通に走ってくれさえすれば勝てるという判断です。

対抗〇ナイママ。前走東スポ杯2歳ステークスでは重い印を打って期待を裏切られましたが、やはり札幌での2戦のパフォーマンスがなかなかで、中山に変わる今回はまだ見限れません。ここでダメだった場合は今後厳しいかなという感じです。最近の柴田大知騎手にはガッカリさせられることが多いですがここは頑張ってほしいです。

単穴▲ラストドラフト。基本的に新馬戦を勝ってきた人気馬は過剰人気として切りたくはなるのですが、この馬の場合は新馬戦のメンバーも骨っぽく、タイムも悪くはないため切れませんでした、買いますが欲を言えば飛んでくれるとうれしい1頭です。

△カイザースクルーン、クリスタルバローズ、ランフォザローゼス、カテドラル、ダノンラスター。

大穴候補としてはクリスタルバローズ。札幌2歳ステークスで5着のアフランシールとは確かに差のある6着なのですが、単勝万馬券のこの人気であれば相手に入れてもいいかなという感じです。

 

買い方はシークレットランの頭固定の3連単です。

本音を言うと相手はもう1頭くらいは切りたいので、実際馬券を買う際にはどれか切るかもしれません。なかなか相手選びの難しい一戦ですね。

生田絵梨花さんの2nd写真集「インターセッション」