趣味に生きたい競馬ブログ(フランス競馬etc...)

馬券だけではなく、競馬の歴史、海外の競馬もまとめます。ちなみに乃木坂46も好きなので、競馬も乃木坂も好きな人はぜひコメントお願いします。

【結果】有馬記念(GⅠ)【千両賞も少し、、、】

まず千両賞ですが、まさかの本命対抗がビリ争いという結果に、、、涙。今日は阪神の芝のレースが軒並み荒れましたが、やはり馬場状態が原因でしょうかね。特にウルクラフトは兄弟のウムブルフが荒れた馬場が得意だったので大丈夫だろうと思っていたのですが、小さい馬でパワー不足ということなのでしょう。トスアップに関しては、スタートは悪くなかったものの、なぜか先行争いをせずにズルズルと位置下げる競馬、、、馬がやる気がなかったのか、秋山騎手が行く気がなかったのか不思議な競馬になってしまいました。カタいと思っていたレースでしたが、とんでもない大波乱になってしまいました。

 

有馬記念は対抗ブラストワンピース、本命レイデオロが1着、2着でしたが3着に切ったシュヴァルグランが来てしまい3連単、3連複が外れました。実は保険に勝っていた馬連が辛うじて当たりましたが、これは予想として敗北という感じです。最近は結構いい線で予想ができている気がしても最後のピースがハマらないみたいな傾向がありますね。

ブラストワンピースは持ってるポテンシャルをかなり評価していた馬ですが、今回は菊花賞の反省もあったのか池添騎手も上手く乗りました。キセキが引っ張った流れも向きましたね。個人的にはブラストワンピースは私のサラブレッドとしての理想像に近い感じで、中団やや前で折り合って押し切るという正攻法の競馬をしてくれました。以前から凱旋門賞を勝つのであればパワータイプのスピード馬だと思ってまして、それに一番近かったのはエルコンドルパサーだったわけですが、この馬もかなりこの理想に近い馬です。クラブ馬なのでフランス長期遠征みたいなことはできないでしょうが、来年は積極的に海外遠征をしてくれたらかなりいい成績を残してくれそうだなと思います。常識的に考えれば、春はアーモンドアイとの使い分けでドバイか大阪杯かという感じでしょうか。

2着のレイデオロも惜しい競馬でしたが力は示しました。アーモンドアイ、ブラストワンピースに並んで現在の日本のトップホースでしょう。今日は池添ブラストワンピースが完璧でした。斤量差を考えればやはりレイデオロ強しという感じです。

3着のシュヴァルグランは枠で軽視してしまいましたが、追って追って伸びてくるという感じでボウマン騎手とも相性が良さそうです。賞金をしっかり稼いでくれる馬主孝行な馬ですね。佐々木さんも馬の引きが神がかってます笑。

それ以外だと、キセキはあのペースで引っ張りながらも5着で負けて強し、秋4戦目でこのパフォーマンスはなかなかです。ただかなり疲労が蓄積していると思うのでそこが心配です。春までにしっかりと休んで万全の状態に戻せるのか、春に出てきたら疲労が残っていないかどうかは注意が必要でしょう。

オジュウチョウサンは本当はキセキにもっとついていくべきでしたが、思ったよりも武騎手が控えてしまい拍子抜けでした。勝つとすればスタミナで勝負するしかなかったわけで、勝とうという感じの騎乗ではありませんでした。

ミッキーロケットもなかなか強気の騎乗でしたが4着、立派でした。馬券を考えたら3着にきてくれたら3連複は当たったんですが、、、笑。さすがにグランプリレースの勝利はフロックではなかったということを示したレースになりましたね。

ミッキースワロー、サクラアンプルールに関しては、誰とは言いませんが上に乗っているこの2人は買う方としてはアテにできないですね。展開がハマるの待ちという感じで、展開がハマるとキレイに勝って上手い!とか言われるわけですが、基本的に私は評価していません。ファンの方には申し訳ないですが。

終わってみれば唯一の3歳馬が勝利したということで、今年の3歳馬はジャパンカップマイルチャンピオンシップチャンピオンズカップ有馬記念と勝ちましたね。ここまでの年ってあったのでしょうか。来年はこの3歳世代が競馬界の中心となっていきそうです。

まだ来週もホープフルステークスがありますし、当てて気持ち良く年を越しましょう!

乃木坂46生田絵梨花さんの2nd写真集の発売が決定しましたー!予約はこちらからどうぞ!あと公式Twitterでもたくさんオフショットが挙がってるのでぜひフォローしてみてください。