趣味に生きたい競馬ブログ(フランス競馬etc...)

馬券だけではなく、競馬の歴史、海外の競馬もまとめます。ちなみに乃木坂46も好きなので、競馬も乃木坂も好きな人はぜひコメントお願いします。

【特別登録馬】ジャパンカップ(GⅠ)

2018年11月25日(日)東京競馬場ジャパンカップ(GⅠ)がおこなわれます。特別登録馬は以下の通りです。

馬名 性齢 負担重量 騎手 厩舎
アーモンドアイ 牝3 53 ルメール 国枝
ウインテンダネス 牡5 57 内田 杉山
カプリ 牡4 57 ムーア オブライエ
ガンコ 牡5 57 蛯名 松元
キセキ 牡4 57 川田 中竹
サウンズオブアース 牡7 57 田辺 藤岡
サトノクラウン 牡6 57 ○○
サトノダイヤモンド 牡5 57 モレイラ 池江
サンダリングブルー セ5 57 ○○ ムニュイジ
シュヴァルグラン 牡6 57 デムーロ 友道
スワーヴリチャード 牡4 57 デムーロ 庄野
ノーブルマー 牡5 57 高倉 宮本
ハッピーグリン 牡3 55 服部茂 田中淳
マカヒキ 牡5 57 武豊 友道
ミッキースワロー 牡4 57 横山典 菊沢
ミッキーロケット 牡5 57 ○○ 音無

1番人気になり、最大の注目の的になるのはアーモンドアイということになるでしょう。牝馬三冠を成し遂げたアーモンドアイが古馬の一線級を相手にどういう競馬をするのか注目が集まります。

caesarion.hatenadiary.com

アーモンドアイについての見解はこの記事で書いたので見てみてください。

2番人気は天皇賞秋でよもやの惨敗を喫したスワーヴリチャードか、京都大賞典で復活の兆しを見せたサトノダイヤモンドというところでしょうか。サトノダイヤモンドはしっかり本調子に戻ればかなり強いと思うのですが、どの程度まで力が戻っているのかの見極めが必要でしょう。スワーヴリチャードは前走デムーロ騎手が早めに競馬をやめているので肉体的なダメージは少なかったと思います。あとは精神的なダメージさえなければ距離も適距離ですし、上位争いも可能かと思います。

天皇賞秋で3着と好走し、完全に復調気配の去年の菊花賞馬キセキは2Fの距離延長が本来的にはいいはずなのですが、前走逃げたことがどう出るかという点に興味があります。戦法としても今回も逃げるのか、控えるのか難しい選択を強いられそうです。東京の2400mで逃げるのはなかなか至難の業でしょう。

去年の覇者であるシュヴァルグラン京都大賞典4着からの参戦です。あくまでも前走は前哨戦でしたがそれにしても不甲斐ない競馬でしたので、衰えがないか多少心配ではありますが、前年の優勝馬ということでそれなりに人気を集めるでしょう。

今年は海外からカプリとサンダリングブルーの2頭が参戦します。カプリは凱旋門賞にも参戦しているので日本の競馬ファンでご存知の方も多いと思います。昨年のアイルランドダービーとイギリスセントレジャーを制している馬です。サンダリングブルーはGⅠこそ制していませんが、イギリスのインターナショナルステークスで今年のヨーロッパ年度代表馬のロアリングライオン、強豪ポエッツワードのに次ぐ3着となっています。この時の4着がディープインパクト産駒のサクソンウォリアーでした。前走はカナダのインターナショナルステークスというGⅠで2着に入っており、ここのところ急激に力をつけてきているようです。おそらくサンダリングブルーの方が人気にはならないと思いますが、この成績を見るとヒモにはいれておいた方がいいと思います。

これ以外で穴っぽいところはミッキースワローですかね。以前からGⅠ級の能力があるという評価もあった馬ですが、前走札幌記念で惨敗しました。トーセンホマレボシ産駒ということで父の成績を考えれば東京2400mはいい舞台でしょう。横山典騎手は人気馬に乗ったときはアテにできませんが、人気のない馬であればヒモに入れておいていいかもしれません。どちらにせよ思い切った競馬をしてほしいですね。マイルチャンピオンシップロードクエストの騎乗にはガッカリです。

基本的にはアーモンドアイが勝つと思っているので、複勝圏内に来る穴馬を探していきたいですね。また枠番が決まったら記事にしますね。