趣味に生きたい競馬ブログ(フランス競馬etc...)

馬券だけではなく、競馬の歴史、海外の競馬もまとめます。ちなみに乃木坂46も好きなので、競馬も乃木坂も好きな人はぜひコメントお願いします。

【結果】日曜重賞編(マイルチャンピオンシップ)

日曜重賞(マイルチャンピオンシップ)の反省会です。

勝ったのは3歳馬ステルヴィオでした。ビュイック騎手の最内枠を活かした好騎乗でしたね。ゲートを出たまますんなりと中団で折り合い、内でロスなく脚をためて直線では内を抜けてくるという完璧な騎乗でした。最内が悪い方に出ると考えていたのですが、ビュイック騎手には脱帽です。

2着はミルコ・デムーロ騎手のペルシアンナイト。こちらも内枠である2番で、道中ステルヴィオの後ろに位置して、内でしっかり脚をため、直線は内をついて来ました。こちらもほぼ完璧なレース運びだったように思いますが、レースを見直すと直線でデムーロ騎手がかなり追い出しを待っていた感じでした。気持ち追い出しが遅れましたかね。最後はステルヴィオと僅かな差だったので、デムーロ騎手も残念でしょう。この秋はなかなかデムーロ騎手はGⅠに手が届きませんね。

3着は川田騎手のアルアイン。こちらもいい騎乗だったと思いますが、アエロリットなどの先行馬が予想外に早く垂れてしまったのが誤算だったかもしれません。早めに先頭に立ってしまったので踏ん張りきることができなかった印象です。

私の馬券はというと本命モズアスコットと対抗アルアインの2頭軸3連単マルチでいったのですが、まさかのモズアスコットが来ないという、、、4コーナーで確かに不利はありましたが、レース前の発汗を見ると調整不足なのか、はたまた気性面でまだ課題があるかといった感じです。調教の感じを見てもデキ落ちには見えなかったので残念です。

それにしてもロードカナロア産駒は初年度からすごい活躍ですね。血統的にサンデー系の牝馬につけ放題っていうのはやはり大きなアドバンテージなようです。そして当然ロードカナロアのスピードも良いほうに出ていますね。ロードカナロア自身もそうだったように、スピードがあるにも関わらず操縦性の高いという点が遺伝してますね。来週も産駒のアーモンドアイがジャパンカップでどのような競馬をするのか楽しみですね。一部では距離がどうかという声もあるようですが、そちらも踏まえて面白いレースになりそうです。勝ったら年度代表馬はほぼ確定といった感じでしょう。

そして来週こそは私もそろそろ当てたい、、、ということでまた記事書きますねー