趣味に生きたい競馬ブログ(フランス競馬etc...)

馬券だけではなく、競馬の歴史、海外の競馬もまとめます。ちなみに乃木坂46も好きなので、競馬も乃木坂も好きな人はぜひコメントお願いします。

ロンシャン競馬場への行き方について

凱旋門賞が明日に迫っているということで、日本人でパリに直接足を運んでレースを見ようという方もいるかと思います。ということでパリ中心部からロンシャン競馬場への行き方を簡単にまとめておこうかと思います。来年以降に凱旋門賞を観戦しようという方々にも役に立てばいいなと考えています。

France Gallopのロンシャン競馬場のページにはアクセスについて書かれているので、それを参考にしたいと思います。ただ少しこのページの情報が間違えてる?と思うところもあるので、その辺は修正してます。

まず一つ目の行き方は241番バスのLes Moulins Camping(レ・ムーラン・コンピング)というバス停で降りる方法です。241番バスはパリ地下鉄10番線の駅であるPorte d’Auteuil(ポルトドートウィユ)から乗ることができます。駅の出口はいくつかあったと記憶していますが地上に出ると241という数字を探すといいでしょう。

二つ目の行き方は244番バスでHippodrome de Longchamp(イポドローム・ド・ロンシャン、つまり「ロンシャン競馬場」)のバス停で降りる方法です。244番のバスはパリ地下鉄1番線などが乗り入れるPorte Maillot(ポルトマイヨ)から乗ることができます。ポルトマイヨは非常に大きな環状交差点となっているので、事前にググって場所を何となく把握しておくといいかもしれません。

と、ここまで書いてきましたが凱旋門賞当日は日曜日であるため、無料のシャトルバスがポルトマイヨとポルトドートウィユから出ています。これに乗れば他のバス停を飛ばしてロンシャン競馬場の門前に直行してもらえるので、これを利用するのがいいでしょう。この無料シャトルバスは週末と祝日に利用できます。

その他これ以外にはトラムのT2路線も使うことができるようですが、こちらは駅まで少し歩くので、帰りにバス等が混雑している場合のみ使う選択肢に入ってくるかと思います。最寄りの駅はSuresnes Longchamp(シュレーヌ・ロンシャン)です。少し使いづらそうですね。

また一番楽なのはタクシーかもしれません。Hippodrome de Longchamp(イポドローム・ド・ロンシャン)シルブプレーと言えば問題ないはずです。違法タクシーをつかまないようにだけ気を付けましょう。

凱旋門賞当日は人がたくさんいると思うので、人の流れになんとなくついていったら競馬場につく気もしますが、反面スリなどには気をつけてください。パリはスリが非常に多いです。楽しく観戦できるように、余裕を持って、事前に下調べをしてロンシャン競馬場へ向かうことをおすすめします。ぜひ楽しい思い出になることを願っています。